あたしとあなた

15

自分だけの特別な本になる時

時間と共に馴染む本

詩人・谷川俊太郎さんの本「あたしとあなた」。
この本のブックデザイン担当である名久井直子さんから製本の相談があり、一緒にお仕事をすることになりました。

クロス貼りの上製本で表紙に箔が施されているところが素敵な本。
しかし、顔料箔は擦ったりすると色が落ちてしまいます。製本の目線で考えると箔の色が落ちてしまうのはよろしくないことですが、篠原はデザイン的に色落ちの風合い感が良いところなのだろうと解釈し、そのまま制作をすすめ、完成に至りました。

この本を納品した後、篠原は個人的にこの詩集を読み込み、手が頻繁に触れる部分の箔が落ちている感じや本文の紙の色が時間とともに変色しているのを見て、自分の物として本が馴染んでいく心地良さに気づいていきました。まるで、ジーンズや革製品が経年変化を起こして愛着が湧くように。読めば読むほど、自分のものになってくる本。

製本工程もデザインのひとつ

数年後に本の状態がどうなるかを予想して、この本がデザインされているという新たな気づきは、色落ちや紙の脱色は単なる劣化としか捉えていなかった篠原の考えを覆すものでした。紙加工や本の製造自体もデザインの一部であり、単なる本という形(物体)を作っているだけではないという、考え方を変えるきっかけにもなりました。

電子書籍に紙の本は負けてしまう…その当時、そんな葛藤が心の中にありましたが、勝ち負けではなく、紙の本だからこそ心に残るものを作ることができる。それにはやはり、相手がどんな想いがあって本を作りたいのか、技術だけでなく相手の心に寄り添って作るスタイルが確立されていきました。篠原は「もし、この(あたしとあなた)本を納品した直後だったらこんな言葉は出なかっただろうな。自分も一読者として読んだからこそ、そして制作側にもいたからこそ、気づいたんだよね。」と…。

あたしとあなた / 2015〜2016
デザイン : 名久井直子
製本ディレクター : 篠原慶丞

サイズ : W120×H190mm
クロス : Dynic細目ポプリン 36 にび色
見返し : ビオトープGAFS マゼランブルー 90kg
芯材 : NPCC#22
本文 : 石川製紙株式会社 特漉き紙
仕様 : 角背上製、花切れ・スピンあり、全面箔3c
頁数 : 120頁
数量 : 4刷 計20,000部

協力会社 :
株式会社松岳社 / 角背上製
有限会社コスモテック / 箔押し

担当 : 篠原慶丞

担当 : 篠原慶丞

この書籍を担当した頃の私は、将来的に紙の本は電子書籍に駆逐されると危機感を感じていたのですが、本は読む人の心だけでなく、身体にも馴染み、変化していく奥深さを知ることで、それ以降、紙の本の価値を信じるようになりました。

デザイン02