あきらめていたアイデアも
篠原紙工なら “かたち” にします

篠原紙工は冊子や印刷加工物をつくる製本会社です。一般的な製本作業はもちろんのこと、お客さまの自由な発想をかなえるために自社での技術開発を続け、新たな製本技術と表現技法を開拓、特殊な製本作成を追求し続けています。

あきらめていた表現はありませんか?これまで無理だと思われていた複雑な加工も、現在はその多くが実現できるようになっています。くわしくは、製本プロである篠原紙工にご相談ください。
ご相談・お問い合わせはこちら

制作の流れ

magic.jpg

折りお問い合わせ

二つ折り、四つ折り、ジャバラ折り、地図折り、マジック折り、プラップ折り、いいかげん折り...など。折り方は自由自在。お客さまの要望に合った折りを提案いたします。

関連リンク
制作事例:『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』パンフレット
▶ 制作事例:TEDxTokyoパンフレット 3
▶ 制作事例:舞音石鹸箱
▶ 制作事例:ジャバラ折り冊子
▶ 制作事例:TEDxTokyoパンフレット 5[表紙]
 

magicori4.jpg

マジック折りお問い合わせ

一枚の紙に切れ込みを入れ、折りたたむことで本の形になる特殊な「折り」の技法。冊子のようにも一枚のポスターのようにも使用できます。当社では折り機のみでのマジック折り製法を独自に発案。仕上りサイズは、B7~A4まで自由に変更可能です。

関連リンク
▶ 自社開発:独自のマジック折り製法
▶ 制作事例:販促プラス リーフレット

plup.jpg

プラップ折りお問い合わせ

「折り」と「のり綴じ」の技術を応用し、引っ張ると立体的に飛び出す仕組みを紙だけで実現します。カードや冊子などサイズや形態を問わず対応可能な篠原紙工独自の技術です。(特許申請中)

関連リンク
▶ 自社開発:プラップ折り
▶ 制作事例:メーカー 企画イベントでの販促品
▶ 制作事例:デザインのひきだし

▶ 制作事例:立体整理券

popup03.jpg

トースターポップお問い合わせ

カードや冊子を開くとポップが飛び出してくるという、インパクトのあるポップを制作しました。生産性に優れ、大ロットにも対応可能なトースターポップ。オリジナルの形状での制作が可能です。(特許申請中)

関連リンク
自社開発:トースターポップ
制作事例:イベントチラシ(トースターポップ)
▶ 制作事例:いろは展チラシ
▶ 制作事例:政策パンフレット

iikagen.jpg

いいかげん折りお問い合わせ

「適当に折ったけど、揃ってる!」従来の縦横まっすぐに折ることをせず、斜めに折るという新しい折りを完成。いいかげんに折っているが、折丁はきっちりとすべて揃っています。

関連リンク
自社開発:いいかげん折り
▶ 制作事例:「耳無芳一の話」いいかげん折り冊子
制作事例:会社案内リーフレット(いいかげん折り)
▶ 制作事例:2013年 年賀状
▶ 制作事例:健康リーフレット(いいかげん折り)
▶ 制作事例:店舗オープン用リーフレット(いいかげん折り)

JA.jpg

中綴じお問い合わせ

冊子の背となる部分を針金(ステーブル)で綴じる一般的な製本技術。変則的な「折り」を綴じることも可能。当社は特に高い精度を求められるものやアイレット綴じ(めがね綴じ)、特殊な形の中綴じを得意としています。

関連リンク
制作事例:『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』パンフレット
▶ 制作事例:西陣補給設備総合カタログ

▶ 制作事例:JAさっぽろ リーフレット
▶ 制作事例:TEDxTokyoパンフレット 3
▶ 制作事例:TEDxTokyoパンフレット 4
▶ 制作事例:政策パンフレット
▶ 制作事例:「Trippin'」写真集 

noritogic1.jpg

のり綴じ(ノリトジックシステム)お問い合わせ

のりで綴じる一般的な製本技術、エコ綴じとも呼ばれています。当社独自に開発したノリトジックシステムでは、針金(ステーブル)を使わず、水性のりだけで綴じを実現。安全性・リサイクルの両面で優れております。
特許所得済【特許第4067500号、発明奨励賞

関連リンク
制作事例:JGAS2009 展示会案内状
自社開発:ノリトジックシステム
自社開発:ノリトジック カレンダー(のり綴じ カレンダー)
▶ 制作事例:篠原紙工 リーフレット制作(メールブック)
▶ 制作事例:篠原紙工 リーフレット制作(ダイカット抜き)
▶ 制作事例:ハウス食品 工場案内リーフレット
▶ 制作事例:二連コンセプトブック

kokuyo07.jpg

アイレット綴じ(めがね綴じ)お問い合わせ

冊子の背となる部分の針金が、ループ状のステッチで綴じられている製本技術。ループ状のステッチを打つ高い技術が求められます。

関連リンク
制作事例:メーカーの商品カタログ(アイレット綴じ)
▶ 制作事例:「耳無芳一の話」いいかげん折り冊子

DSC_0339_web.jpg

抜きお問い合わせ

冊子のインデックスやカードなどを特殊な形に切り抜くきます。「抜き」を行った特殊なサイズの紙も「折り」や「綴じ」を行うことが可能です。「抜き」によって印象がガラッと変化します。

関連リンク
▶ 制作事例:JAさっぽろ リーフレット
▶ 制作事例:二連コンセプトブック
▶ 制作事例:映画「タイピスト!」パンフレット
▶ 制作事例:写真集『遠い渚』 

DSC_0359_web.jpg

ダイカット抜き(ビク抜き)お問い合わせ

中綴じ、のり綴じ、折り加工などの後、外形を特殊なサイズ・形に抜きます(型抜き)。自由なレイアウトの冊子作成が可能です。
◇ダイカット抜き・・部数の多い場合に適しています。パーマテックPT220を使用。
◇ビク抜き・・部数の少ない場合に適しています。

関連リンク
お知らせ:「ハイデルベルグ PT220 抜き加工の設備を導入いたしました」
▶ 制作事例:メーカー 企画イベントでの販促品
▶ 制作事例:篠原紙工 リーフレット制作(ダイカット抜き)

mailerdm.jpg

メーラー(DM)お問い合わせ

大きなサイズの紙をハガキ・封筒サイズに折り、はがせる はく離のりで接着。封筒なしで郵送可能で、封筒に入れるコスト削減と開封率のアップを実現します。

mailbook.jpg

メールブック加工お問い合わせ

中綴じやのり綴じの小口部分を糊で接着することで、そのままで郵送可能(メール便にも対応)。封筒に入れるコスト削減と開封率のアップを実現します。

関連リンク
▶ 制作事例:篠原紙工 リーフレット制作(メールブック)

_DSC1237-3.jpg

平ミシン綴じ(糸綴じ)お問い合わせ

特徴は、糸の色と太さを自由に選択できる事により、デザイン性に幅が広がりをもたせられる事。そして、各ページのサイズをバラバラにしたり、綴じた糸をしおりとして活用できるように制作可能です。

関連リンク
制作事例:しおり付糸綴じ冊子
制作事例:TEDxTokyoパンフレット 5[表紙] 

_DSC6161.jpg

中ミシン綴じお問い合わせ

冊子の背となる部分を糸で綴じる。
ノートやパンフレットなどに利用されるケースが多く、糸の色に変えたり、上下の糸の伸ばす長さを変えることで、冊子全体の雰囲気を変えられます。綴じ方は本縫いを採用している為、途中の糸が切れたとしてもほどけません。

関連リンク
制作事例:東京都庭園美術館オリジナルノート 

DSC_0091.JPG

PUR無線綴じお問い合わせ

PURという糊を使用した無線綴じ。一般的な糊で製本した無線綴じと比較すると、ページの見開きが良い・本の耐久性が高い・リサイクル性が高い などが挙げられます。
PUR:ポリウレタンリアクティブ(Poly Urethane Reactive) 

関連リンク
▶ 制作事例:写真集『遠い渚』

german_case_binding.jpg

ドイツ装お問い合わせ

製本した冊子の表1と表4に1~3mmほどの厚紙をベタ貼りする事で上製本とは異なる独特の重厚感が得られる装丁です。中ミシン綴じ、無線綴じ、糸かがり綴じの冊子に用いられることが多いです。

関連リンク
▶ 制作事例:しかけ絵本「モーションシルエット」
▶ 制作事例:写真集『遠い渚』 
▶ 制作事例:料理本「魚鬆收到沒(デンブ届きましたか?)」

newyearscard2017.png

トリック綴じお問い合わせ

オモテ面(表1)から本文をめくった時とウラ面(表4)から本文をめくった時とで異なる絵柄がみえるという仕掛けがある無線綴じ。1ページずつページをめくるのではなく、パラパラめくると仕掛けが出てくる仕組みになっています。1冊の本で右からパラパラと開く時と左からパラパラと開く時とで、異なる絵柄が出てくる不思議な製本方法です。
下記 関連リンク「制作事例:2017年年賀状」に動画があります。下記から どんな冊子か是非ご確認ください。

関連リンク
▶ 制作事例:2017年年賀状

tokusyuori.jpg

その他特殊加工1お問い合わせ

従来からある製本方法、中綴じ・折り方等を組み合わせることで特殊な加工として仕上げることができます。一層完成度も上がり、新たなコミュニケーションツールとして活用できます。

関連リンク
制作事例:JGAS2009 展示会案内状

tokusyuori2.jpg

その他特殊加工2お問い合わせ

箔押し、エンボス加工、シルク印刷など、印刷加工についてもご相談ください。製本方法と合わせて検討することでより一層完成度が上がります。

関連リンク
制作事例:西陣補給設備総合カタログ

Paper_writingSet_大-2.JPG

その他特殊加工3お問い合わせ

「紙」と「加工」にとことんこだわった文房具。箔押し、型押し、紙象嵌、抜き、デザインなど トータルコーディネートしました。どの加工についてもご相談いただけます。

関連リンク
▶ 制作事例:紙文具
▶ 制作事例:ニューズ紙の販促品

newyearscard1.jpg

自社デザイン品お問い合わせ

製品のデザインを他社へ依頼せず、自社でデザインをした製品。柔らかい、優しいイメージのデザインを中心にお客様のご希望に沿ったデザインを制作しております。

関連リンク
▶ 制作事例:2013年 年賀状
▶ 制作事例:「プメハナ整骨院」診察券とチラシ
▶ 自社開発:のり綴じのロゴマークを制作しました
▶ 制作事例:二連コンセプトブック
▶ 制作事例:2014年 年賀状 

cut.jpg

レーザーカット[全抜き]お問い合わせ

レーザーカットとは、紙やアクリル、木材などをレーザー光で焼き切る技法です。
カット(全抜き)では、絵柄の外周をレーザー光で焼き切ることで抜きを施します。通常の抜き型を用いた抜き加工では表現しきれない細かな抜きが可能です。

関連リンク
▶ 制作事例:商業印刷部会しおり 
▶ 制作事例:パン型メッセージカード

carving.jpg

レーザー彫刻[半抜き]お問い合わせ

レーザーカットとは、紙やアクリル、木材などをレーザー光で焼き切る技法です。
彫刻(半抜き)では、レーザー光の出力を調整することで、紙の表面のみを削り、絵柄を浮かび上がらせることが出来ます。

glue.jpg

天のり製本お問い合わせ

紙を重ねた側面をボンドで固める製本。 糊の強度は高くないが、柔軟性に富んでおり、糊を着色することが可能なので用途は幅広い。一般的にはメモ帳や便箋などに用いられることが多いが篠原紙工では製本の綴じ部に使用する事もある。

関連リンク
制作事例:写真集「NUDIST」

Back to TOP