会社案内

篠原紙工は、紙の可能性を追求していきます

時代が変わっても、あるいはテクノロジーが進化するほどに、守るべき「職人」の技術や心意気があります。数値やマニュアルだけにしばられない、柔軟で大胆な発想力と実行力。そんな思いを大切にしながら、もっと新しい「紙のコミュニケーション」を目指します。

社名有限会社篠原紙工
創業1974年5月
設立1979年1月
資本金300万円
代表者篠原 慶丞
本社工場〒136-0072 東京都江東区大島5丁目51番13号
従業員

28名

取引銀行東京東信用金庫 本所支店
三井住友銀行 錦糸町支店
事業内容

・折り(ミニ折り・特殊折り・マジック折り)

・中綴じ

・メーラー加工

・のり綴じ

・抜き加工

・企画から印刷の提案業務
・デザイン 

沿革1974年5月   東京都墨田区亀沢4丁目にて製本業開業
1976年7月   台東区浅草橋に移転
1978年5月   墨田区本所4丁目に移転
1979年1月   有限会社篠原紙工 設立
1985年12月  墨田区本所4丁目に新社屋 建設
1997年9月   足立区興野に第二工場を設立
1999年5月   江東区大島に第一第二工場を合併し移転
2006年8月   「NORITOGIC SYSTEM」発表
2008年1月   「NORITOGIC SYSTEM」特許取得
2008年10月 「ISO9001」認証取得
2010年9月   「グリーンプリンティング」 認証取得
2011年12月 「ノリトジックカレンダー」特許取得

company1.jpg

company2.jpg

company3.jpg

Back to TOP