DSC_5125.jpg

映画「タイピスト!」パンフレット

制作年:
2014
クライアント:
株式会社北斗社
技術名:
抜き、中綴じ

プロジェクト概要
フランス映画祭2013で観客賞(最高賞)を受賞した映画「タイピスト!」のパンフレットを製作しました。今回は取引先より形状の情報を頂き、対応可能と回答させていただいた事で、弊社に製本の依頼が来ました。このパンフレットは、映画の中の主人公が使用するタイプライターを模したパンフレットで、タイプライターからタイピングされた紙が出てきている雰囲気を表した冊子となっています。

DSC_5167.jpg技術説明
本来中綴じを製作する機械は、用紙の上下どちらか一方を全て揃えて綴じる構造となっています。今回のパンフレットは表紙をタイプライターの形状に抜き、本文をタイピングされた用紙に見立てるため、本文を表紙の上下どちらとも揃えず真ん中で綴じなければいけませんでした。通常機械では加工が出来ない仕様です。しかし、今までの経験を駆使し、工夫を凝らした事で機械で綴じる事に成功しました。
また、表紙自体もタイプライターの形をしている変則的な形をしている為、本来ですと手作業で折る仕様でしたが、ここも機械の使用方法を工夫し、機械にて折ることに成功しました。 

その他
表紙が複雑な形状にもかかわらず機械での折りを実現できた弊社にとっても成果の大きい案件でした。折り、綴じ共に難易度が非常に高かったのですが、精度の高い製品を作成する事ができました。
表紙に対して小さいサイズの本文を左右離して綴じるという事は一般的には出来ないと言われてますが、篠原紙工では今回の案件に限らずいくつかの手法で加工を実現してます。

パンフレットの制作発注を頂きました東京テアトル株式会社のご担当者様より、コメントをいただきました。
デザイナーの大島依提亜様より、表紙をタイプライター型に型抜きできたらとご提案いただいて、それは面白い!と思って、そのままお任せしたところ、インパクトがあり、なおかつ、ステキなパンフレットができました。目にした女性は皆一様に「かわいいですね♪」と、一言感想を言わずにはいられないようで、おかげさまで、とてもご好評いただいてます。 

Back to TOP