_N9A0731.JPG

NATURE DANGER GANG写真集

制作年:
2018
クライアント:
デザイナー ショートリード ジェシカ 様
技術名:
ジャバラ折り、ミシン綴じ

■プロジェクト概要
以前イベント会場で知り合ったデザイナーのショートリード ジェシカ様より、特殊な製本ができるところを探していて相談に乗って欲しいと連絡をいただき、打ち合わせを行いました。「NATURE DANGER GANG」というバンドの写真集を作るに_N9A0744.JPGあたり、個性豊かなメンバーが集まっているというバンドの特徴が写真集から伝わるようにとの思いで考えたアイデアをもってこられました。そのアイデアとは、10名のバンドメンバー1人につき8ページずつの写真集で構成し、メンバーの異なる個性を表すために用紙サイズを全て変え、この10種類のサイズが違う本文に表紙をつけて綴じるというものでした。今回は打合せの初期段階から明確に希望される造本があったので、打ち合わせの内容はどの様な綴じ方が適しているのか、サイズや紙の制限は、などの具体的な内容を煮詰める事にほとんどの時間を費やしました。何度か打ち合わせを重ね、希望されるサイズ感や数量・予算などの条件から当社にて平ミシン綴じで進めたいという希望を了承いただき進行する事になりました。
○NATURE DANGER GANGとは……新宿、歌舞伎町のライヴ・ハウスLOFTで生まれ、ハイペース過ぎるライヴ本数とハイテンション過ぎるパフォーマンスで、東京アンダーグラウンド・シーンの中心として活躍していたが2017年1月に惜しまれつつも活動を休止したバンドです。

_N9A0745.JPG■技術説明
8ページの本文がジャバラの山ごとに綴じるために平ミシン綴じの作業の大半はオペレーターが1部ずつ丁寧に手作業で製本しました。ミシンの糸は綴じ位置毎に色を変え、合計10色を使いました。また展開サイズで1050mmという大きいサイズの紙をジャバラ19山に折る作業も機械ではできないため手作業で折りました。

その他
今回はご相談の段階から予算や数量などの条件を提示していただけたため、その条件の中で実現可能な加工方法を模索することができた案件でした。特殊な仕様をご相談の際は、作成したいおおよその数量や希望予算を事前にお伝えいただけますとその条件の中で最大限可能な仕様を提案することが可能になります。
■デザイナー ショートリード ジェシカ様からのお言葉
この企画は、フォトグラファーの岩澤高雄氏から「NATURE DENGER GANGというバンドが解散してしまうことになったのでファンの方々に贈る写真集を作りたいと思っている」という相談を受けてスタートしました。私はその時に初めてNATURE  GDENGER GANGの存在を知り、ライブの映像や写真を見て、とてもパンチが溢れているパフォーマンスに衝撃を受けました。ただ、今回撮っている写真はバンドメンバーがライブで見せる表情ではなく、それぞれのキャラクターに合わせてバラバラの世界観を用意して、その中で見せる何気ない表情だったり、ギャップがあるイメージで撮影しているということでした。そこで、全体のデザインをそれぞれの個性を生かしたまとまりがあるようでまとまりがないインパクトのある本にしたいと思いました。篠原さんに技術的なアドバイスなどご相談にのっていただきながら、イメージしていた本が完成した瞬間、時間をかけて取り組んで来たのもありとても嬉しく、制作過程も含めて印象深い本になりました。

【仕様】
サイズ:天地270mm×小口210mm
表紙用紙:エスプリCバルキーW163.5kg前後
本文用紙:マット110kg+上質110kg+コート110kg
本文用紙:アルティマグロス70 125g/㎡ ※4種分に使用
本文用紙:b7トラネクスト 115g/㎡ ※4種分に使用
本文用紙:b7バルキー 130g/㎡ ※2種分に使用
製本:平ミシン綴じ 表紙(ジャバラ19山)+8P×10(上下糸伸ばし、
.   糸色10色)
数量:200部

Back to TOP