Soap01.jpg

舞音石鹸箱

制作年:
2012
クライアント:
某メーカー
技術名:
抜き、箔押し、ジャバラ折り

Soap03.jpg事例概要
クライアントが、新発売する石鹸のパッケージ制作の相談に乗っている業者を探していた際、取引先から篠原紙工を紹介していただき、今回の受注となりました。用紙の選定、印刷方法、箱の形状、冊子の形状などをトータルコーディネートいたしました。
箱の形状は、貼り箱・組み箱等、かなり広い範囲のアイテムの中から絞り込みました。
サンプル作成を3回行い、納得のいく形体の商品が出来上がりました。
また、今回は設計の段階から全て携わり、サイズの微調整など細部まで弊社にて対応をさせていただきました。

技術説明
石鹸のきめ細かい泡のイメージと『舞音』という「和」のイメージを表現するために質感のある「気泡紙」という用紙に銀箔を施しました。
Soap02.jpgパッケージを開けると最初に出てくる冊子は小さいながらも沢山の情報量と見やすさを両立するためにジャバラ折り(ジャバラ6山)で制作しております。
とても小さいサイズなので折りの精度を要求される冊子を弊社のミニ折りの技術で条件を満たしました。

その他
今回は半年以上前から箱の形状を検討し幾度となく試作作成を行い、同時に商品のイメージにあった用紙や印刷方法を提案させて頂きました。クライアントにも、大変満足していただける商品を提出できた事を嬉しく感じております。弊社としても、用紙や加工に対する知識が存分に発揮できました案件となりました。

Back to TOP