DSC_4137.jpg

二連コンセプトブック

制作年:
2013
クライアント:
東京都製本二世連合会
技術名:
のり綴じ、抜き、デザイン

プロジェクト概要
東京都製本工業組合に加入している製本会社の若手で形成された「東京都製本二世連合会」が主催するパーティーでパンフレット兼ガイドブックの企画・制作依頼をいただきました。年に一度製本業界の『次』を担う100名以上の若手が全国から集まるイベントであり、目の肥えた同業者を唸らせる為、製本の仕様を工夫する事だけでなく、掲載する内容についても十分に検討し、制作を進めました。
東京製本二世連合会の現執行部と次期執行部による現在と未来について語られた座談会の内容を伝えることに挑戦しました。執行部の方々の熱い想いを文章だけでなく、製本の形状で伝える為、製本の形状決定までかなりこだわりました。

技術説明
表紙はハードカバーのようなイメージ。本文のセンターページは、製本技術を最大限に活かしたデザインに仕上げました。センターページを変則的な形に抜き、メモ紙が散らばった感じを表現。変則的な形状であっても機械で折る事にこだわりました。また、弊社の折り技術を駆使しセンターページを縦に展開させる事ができるのり綴じの特徴も活かしました。製本技術に精通した社内デザイナーならではのデザインと形状です。

その他
限られた予算のなかで冊子を縦に展開できるのり綴じの特徴を活かした冊子の作成ができ、そのうえ全国から集まった製本関係者から高評価をいただいた事を大変嬉しく感じています。

Back to TOP