_N9A8632.jpg

ミヤケマイ作品集「蝙蝠」

制作年:
2017
クライアント:
美術家 ミヤケマイ 様
技術名:
PUR無線綴じ、ドイツ装、抜き

■プロジェクト概要
_N9A8637.jpg美術家 ミヤケマイ様の4作目となる作品集を刊行するにあたり、ご自身の幅広い制作活動の領域を表現する方法として、変形抜きした6冊の冊子をパズルのように組み立ててセットにするという仕様での製作を考えられていました。その仕様を実現する事ができる製本会社として 平和紙業株式会社 西谷様からの紹介で当社にご相談をいただき、製本を担当させて頂く事となりました。ミヤケ様の多岐にわたる制作活動の内容を6つに分け(インスタレーション、掛軸、小説、プロダクト、対談・寄稿、その他)、この6つ活動を各1冊にまとめ、1冊ごとに冊子の大きさを変え、ご自身の身体の部位に見立てて積み木のように組み立てる事で身体が形成されることを表現しています。
_N9A8640.jpg
冊子①チャコールグレー表紙…お腹の皮[A4サイズ]
冊子②青色表紙I 字型…背骨[230×82mm]
冊子③深緑表紙 L 字型…胃袋[230×125mm]
冊子④肌色表紙 横位置I 字型…頭[67×210mm]
冊子⑤白表紙…心臓[140×75mm]
冊子⑥ピンク表紙…背中の皮[A4サイズ]

■技術説明
当初ご相談頂いたときは上製本での製本をご希望でしたが、上製本は冊子を並べた際に本の背ワキにミゾ(表紙の付け根にで_N9A8642.jpgきる凹み)が発生します。ドイツ装であればミゾがなく、冊子を並べた際に見栄えも美しく一体感が増すと提案し、採用していただける事になりました。各冊子の製本は全て前後見返しをつけたPUR製本。L字型の冊子(緑色)は、表紙のクロスの貼りは全て手作業。本文は他の冊子と同様に製本し、クロスを貼ったのちに1冊ずつトムソン抜きでこの形状に仕上げてから表紙を貼り合わせて完成です。
今回のドイツ装は上製本の表紙と同じようにチップボールをクロスでくるんだ厚紙を本文の表1-4に貼り合わせており、表紙と本文にもチリ(本文のサイズを少し小さくして表紙だけが少し大きく作成。この本文より少々大きい表紙の部分をチリといいます。)を付けています。ドイツ装というと一枚の厚紙を貼り合わせる装丁が一般的ですが、今回の上製表紙を貼る方法が_N9A8638.jpg本来正式なドイツ装です。

その他
■著者ミヤケマイ様からのコメント
やりたいことははっきりしているのですが、それをどうしたらできるのか知識がないと今回のようなややこしい本は気持ちだけが、空回りしてしまいがちなのですが、創意工夫とアイデアをだしてくださって、不可能を可能にしてくれる篠原さんには本当にたすけられました。つねに前向きでポジティブな人柄も、色々荒れたときも、灯台の光のように私たちの心の支えでした。
■当社 担当営業のコメント
ミヤケ様とは初めてのお仕事になりましたが、未確定が多かった初期段階から常に目標を明確に指し示していただき、私から提案するアイデアをほぼ全面的に採用してくださり、担当営業としても非常にやりがいがある仕事でした。完成品も難易度の高い製本だったにもかかわらず、非常に満足のいく出来映えとなりました。ミヤケ様からご相談を頂いてから作業が完了するまでに約10ヶ月の歳月を要しましたが、その長い期間を感じさせないくらい今回のお仕事で関わった皆さまととても内容の濃い関係を築くことができ、営業冥利に尽きる仕事となりました。

【仕様】
製本:ドイツ装仕上げPUR製本、トムソン抜き
数量:500部
【奥付(Credit)】
著者 : ミヤケマイ
編集 : 幅允孝(BACH)+山口博之デザイン
協力+組版:日下潤一+赤波江春奈(B GRAPHIX)
発行 : 株式会社コンポジション
印刷 : 株式会社アポロ社
製本 : 有限会社篠原紙工
協力 : 平和紙業株式会社
発行日 : 2017年3月28日

Back to TOP