kokuyo01.jpg

メーカーの商品カタログ(アイレット綴じ)

制作年:
2011
クライアント:
金山印刷株式会社
技術名:
アイレット綴じ

事例概要
アイレットは一般的な中綴じと同様に、通常2発で綴じます。今回、ご相談いただいた案件は4穴のバインダーに綴じる為、4発のアイレットで綴じたいというものでした。
kokuyo07.jpg

技術説明
アイレット綴じは、中綴じ機の一部の装置を付け変えるだけでアイレット加工が出来るので、比較的簡単に製本できます。しかし、今回の案件は4発のアイレット綴じだった為、弊社が保有している2発分のみの装置にちょっとした工夫をする事で4発打つことを可能にしました。バインダーに綴じる場合、バインダーと同じ位置にループ状のステッチを打つという高い技術が求められます。

その他
アイレット綴じのメリットは、通常と違うステッチの為 インパクトがある事と、冊子に穴が開かない事、穴を開けずともファイリング出来る事です。穴が開かない為、印刷内容の構成時に「穴が開く」という配慮なしにて進められます。今回の案件もこのメリットを生かした製品となっています。
アイレット中綴じは、別名めがね綴じとも呼ばれています。欧米では比較的多く採用されているアイレット綴じですが、日本ではまだまだマイナーです。弊社では早くから採用しており、数々のノウハウがある為、ご希望に沿ったアイレット綴じをご提案できます。ご興味のある方はこちらよりお問い合わせ下さい。

Back to TOP