_N9A4575.jpg

中原中也ベスト詩集「ホラホラ、これが僕の骨」

制作年:
2017
クライアント:
株式会社ロゼッタストーン
技術名:
PUR製本、三方ファイバーラッファー

■プロジェクト概要
今年2017年は中原中也の生誕110年、没後80年にあたります。人間同士のコミュニケーションを大きなテーマに、書籍、メルマガ、学習ノートなどを発行している総合出版社 株式会社ロゼッタストーン様にて中原中也の詩のなかで人気の高い詩57篇を集め、詩集『ホラホラ、これが僕の骨』をつくることになりました。この書籍の装幀を担当することになったデザイナーの佐藤様より当社にご相談をいただきました。出版社の編集長である弘中様、デザイナーの佐藤様、当社のバインディングディレクターの篠原の3名にてどのような装幀にするかの話し合いを行いました。弘中様からは「WEBで文字を読むことが日常的になった現在で紙の本である意義をしっかりと考えた本にしたい」というお話を頂きました。そして佐藤様からは「この本_N9A4577.jpgを購入した人が中也の詩の内容だけではなく、本そのものに愛着を感じいつでもそばに置いておきたくなるような装幀をめざしたい」というお話を頂きました。この想いを備えた装幀のアイデアを幾つか提示し、その中から指に触れる天地小口の紙の側面にキズをつけて触り心地のよい加工を施すアイデアが採用されました。製本は当初上製本のアイデアもありましたが、手軽にいつでも持っていて欲しいという想いを叶えるため、より重量の軽い並製本が採用されました。

■技術説明
この冊子の1番の特徴は本の天地小口の三方がギザギザになっている事です。このギザギザは無線綴じの工程で綴じ部分の紙に糊が浸透しやすくするための加工であり、製本完成時には見えない箇所に使われています。この加工を今回は本の側面三方(天側・地側・小口側)部分に使用しました。本来この三方は断裁機にて凹凸のないキレイな状態に仕上げますが、今回はPUR製本機にて三方を1ヶ所ずつ通し、ギザギザを施しました。このギザギザを出す工程は「綴じる+ギザギザを一方ずつ3箇所に付ける」の計4回製本機を通すもので、手間と時間がかかります。このギザギザの度合いは使用する紙によって全く異なる為、いくつかの候補の紙をテストして1番触り心地のよい紙とギザギザの度合いを決定しました。このギザギザにする加工はファイバーラッファー、もしくはミーリングと呼ばれています。
この冊子のもう1つの特徴は、ノドまでしっかりと開く事が可能なPUR製本を採用している点です。通常の文庫本は本文がノドまで開きませんが、この冊子は開き度合いが良いわりに糊の強度が高い為 壊れにくくなっています。

_N9A4575-1.jpg■その他
モニタや電子デバイスで文字を読むことが普通になった現在、紙の本で文字を読む意義や価値を発見し、その素晴らしさを伝えていく事は篠原紙工にとって取り組みたい課題の1つです。電子媒体では読者に提供し難い要素である触感や重さから感じる紙の味わいや、紙の本を所有する喜び、このような愛着の持てる本の製作を目指しています。今回の本はまさに当社の課題にマッチした製作でした。
詩集『ホラホラ、これが僕の骨』 公式サイト
Amazon 販売サイト
■デザイナー 佐藤様からのコメント
中原中也は日本を代表する詩人のひとりですが、詩そのものはネット上で全て読めます。書籍として成り立たせるには、紙の本であるということの魅力、付加価値が必要になります。このような企画は、一緒に面白がって進めていけることが重要だと思い、篠原さんに相談しました。篠原さんには、バインディング・ディレクターとして主体的に関わっていただき、「モノとしての魅力を活かした本にしたい」「詩とともに生活できるように、開いておける本にしたい」という要望に、適切な提案をしていただきました。ファイバーラッファーという手法は、紙の繊維が感じられて、やわらかい紙の手触りを感じることができます。紙というのは、スパッと断裁すれば手を切るようなエッジを持っていますが、ほぐしてやると、こんなにもやわらかな表情をみせるのかと驚かされました。まるで、自然物のような、温もりを感じる本になりました。書籍というのは、本の内側の作品世界と、外側の日常世界を、文字通り紙の縁で一線を引いています。その「線」を歪ませることで、本のなかの作品世界と日常世界の境界線をゆがませ、溶け込ませていくという意味で、この手法はこの本のコンセプトに適した表現だったと感じています。
■クライアント 株式会社ロゼッタストーン 弘中様からのコメント
製本について、素敵なアイデアを提供していただき、感謝しております。読者からは、“触り心地のよさに、ちょっとはまってしまいました。職人さんの手仕事を思わせるような、自然なたたずまいの本ですね” “「本」よりも「モノ」という感じでとても柔らかい雰囲気で、見た瞬間買おう!と思いました” など、嬉しい感想をいただいています。

【仕様】
用紙:<表紙> MAT+ 四六 200kg
      <本文>フロンティタフ80 AY 46.5kg
    <見返し>タントN-52 100k
サイズ:188×145mm
製本:無線綴じ(PUR)表紙+前後見返し+本文176P
        三方ファイバーラッファー(大粗)

Back to TOP