newyearscard1.jpg

2013年 年賀状

制作年:
2013
クライアント:
有限会社篠原紙工
技術名:
いいかげん折り、デザイン

newyearscard2-2.jpgプロジェクト概要
2013年の年賀状は、自社にてデザインから印刷・加工まで作業をしました。デザインを自社で行った初めての作品です。
表面に創業からの篠原紙工の歩みを干支である蛇になぞったデザインを試みました。裏面には、いままで製作した数々の冊子などの写真を載せました。また、いいかげん折りを採用し、折り目のずれから、裏面のデザインが見える利点を活用すると共に、干支である蛇のくねくね感とジャバラ(蛇腹)をかけてみました。

技術説明
表面の蛇は、紙を扱う会社の年賀状であることから、蛇を紙の質感が表現できるように手造りにて制作し撮影したものを採用しました。紙をカットし折り目をつけ、半立体に蛇の形を起こし、白地に白の紙を使うことで陰影の美しさを狙いました。ペーパークラフト(紙の模型)のnewyearscard3.jpg柔らかさと、温かいイメージを意識しました。
ジャバラ×2ッ折を「いいかげん折り」にて加工。今までいいかげん折りにジャバラ折りを採用するのは難しかったが、研究と工夫と重ね成功する事が出来ました。

その他
今回デザインも自社で行う事で、製本加工に合った形でデザインも換える事ができ、特殊な製本を生かせました。これを皮切りに、製本の技術とデザインを融合させた製品を生み出していきたいと考えております。ご相談等ございましたら、是非こちらよりお問い合わせ下さい。

Back to TOP